TRAINING対面講座

対面講座

Google Earth Engineを用いたリモートセンシング講座(オンライン形式)

開催日:2020年5月29日(金) | 講座は終了しました

新型コロナウィルス感染症の状況を考慮し、オンライン形式の生配信で開講します。
クラウドコンピューティング環境での衛星データ利用に関心のある方を対象としています。地球観測データ処理におけるクラウドコンピューティングの最新動向を学び、その代表例であるGoogle Earth Engineの基礎的な利用法を理解し、実践的に課題解決できる技術を身に着ける講座です。

申込締切は5月22日(金)までとさせていただきます。

講座概要

講習日数 1日間
講習形態 講義(e-Learningを含む)、実習及び総合演習
定員 12名
受講料 33,000円(税込) キャンペーン価格 16,500円(税込)
受講要件

・Windows及びWebブラウザの基本的な操作ができること。
・講義並びに実習、演習で使用するパソコンを用意出来ること。
・安定的なインターネット接続環境を用意できること。
・プログラミング経験(特にJavaScript)や、高校レベルの数学の知識があることが望ましい。
・当財団のリモートセンシング基礎講座を受講されていること、もしくはリモートセンシングの基礎知識を有することが望ましい。
※受講者はe-Learningの「リモートセンシングによる地球観測概論」を90日間受講いただけます。リモートセンシング初心者の方は事前の学習をお勧めいたします。

受講準備 事前にGoogle Earth Engineの利用許諾をGoogleから得ていただきます(Googleのアカウントの取得とTerms of Serviceへの同意が必要となります)。

受講が決定した方は、こちらから 受講マニュアル をダウンロードして受講準備を進めてください。

会場 一般財団法人リモート・センシング技術センター セミナールーム
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT 虎ノ門ビル2階
対象者 大量の衛星・地球環境データを用いた解析、並びにこれらを利用したWebアプリケーションの利用に興味をお持ちの方を対象としています。
講師 当財団職員
内容及び到達目標 衛星データの活用を促進する環境として、クラウドコンピューティングが注目されています。その代表例であるGoogle Earth Engineの基礎を学ぶ1日の講座です。クラウドコンピューティングを用いた衛星データ処理の特徴を解説した後、利用事例を取り上げます。その後、実際の衛星データを用いた可視化、及び基本的な解析を体験し、Google Earth Engineについての理解を深めていただきます。
なお、内容については、適宜変更となる場合があります。
事前・事後学習

(90日間e-Learningで受講いただけます)

時間 形態 科目 構成 到達目標
(約45分) 講義 リモートセンシングによる地球観測概論 ・リモートセンシングとは
・観測衛星のデータ取得について
・リモートセンシング知識の体系
・衛星データの利用事例
衛星リモートセンシングを学ぶ上で基礎的な知識及びデータの利用事例について理解する。
(約45分) 講義 地球観測衛星データ利用の新時代 ・Google Earth Engineの背景
・地球観測データ処理におけるクラウドコンピューティングの利点
・Googleのインフラが可能とするGoogle Earth Engineの紹介
・Google Earth Engineの利用事例
クラウドコンピューティングと地球観測データの関係、現状、各社のプラットフォーム整備状況などについて理解する。
講座当日
時間 形態 科目 構成 到達目標
10:00-10:30
(30分)
準備 事前準備 ・Web会議システムの使い方
・GEEのサインイン確認
オンラインの講座を受けるために必要な準備を整える。
10:30-10:50
(20分)
講義 「地球観測衛星データ利用の新時代」のアップデート ・e-Learningで学習した同科目に関する最新情報の追加 クラウドコンピューティングと地球観測データの現状に関する最新情報を把握する。
10:50-11:00 休憩
11:00-12:00
(60分)
実習 Google Earth Engine 基礎実習 ・Google Earth Engineの基本的な使い方
– Earth Engine Code Editorアプリケーションに触れる
– シンプルなプログラム、高度なプログラムを作成する
– グラフと一体化した分析を行う(ヒストグラムの算出、時系列グラフ)
– 地図表示を高度化する
– バンド間演算を行う
Google Earth Engine の基本的なコードを使える知識と技術を身につける。
12:00-13:00 昼休憩
13:00-14:00
(60分)
実習 Google Earth Engine 基礎実習(続き)
14:00-14:10 休憩
14:10-14:40
(30分)
実習 Google Earth Engine 基礎実習(続き)
14:40-14:50 休憩
14:50-16:20
(90分)
演習 Google Earth Engine 総合演習 ①課題への対応策の検討
②対応策に基づいた課題解決の実践
③実践結果のプレゼンテーション
④実践結果に対する講師からの評価
クラウド上の豊富な衛星データ等を用いて、実際の利用を想定した課題解決の考え方と技術を身につける。
16:20-16:35
(15分)
理解度テスト、質疑応答
16:35- 終了 講師はしばらく残りますので、質問があれば何なりとお聞きください。

※ 終了時刻は目安です。講座進捗状況により、前後する場合がございます。

使用機器等 実習、演習でGoogle Earth Engineが使用できる状態のパソコンをご準備ください。
教科書 当財団作成の「Google Earth Engineを用いたリモートセンシング講座」テキスト
参考書 なし
評価方法 総合演習において、プログラムの作成状況を講師が確認の上、習得水準を判断いたします。また、理解度テストを実施します。理解度テストの正答率80%以上、かつ出席率80%以上の方に、修了証を発行します。
その他 講義の後、アンケートにご協力ください。
TOPへ