VOICE OF COLLEAGUES関係者の声

2021.07.09

SARインターフェロメトリ講座の演習例

SARの基礎知識をお持ちの方で、インターフェロメトリ(InSAR)の解析を行いたい方を対象に開講しているSARインターフェロメトリ講座は、InSARセンサの基本原理や解析技術について、実習でソフトウェアを使用しながら理解し、総合演習で実践的に判読・分析する技術を身に着ける講座です。ここでは、202162425日に開講したSARインターフェロメトリ講座で実施された総合演習の結果をご紹介いたします。

 

1.津軽平野の地盤沈下

使用データ : ALOS/PALSAR

Primary
 -ALPSRP128580800
 -20080623 12:59:02.867
Secondary
 -ALPSRP229230800
 -20100514 13:03:22.660
・Offnadir:34.3
・Ascending
・Fine Beam Singleモード
 -10m分解能
 -波長23.5cm
・1サイクルの位相変化≒12cm相当

経過:コヒーレンス画像の生成

Master強度画像(補完)

 

 

 

 

Master強度画像(補完)

 

Slave強度画像(補完)

 

 

 

 

Slave強度画像(補完)

 

コヒーレンス画像

 

 

 

 

コヒーレンス画像

 

経過:地形縞の生成

 

 

 

 

 

 
軌道縞

 

 

 

 

 

 

 
初期干渉縞

 

 

 

 

 

 

 
地形縞

 

経過:差分干渉縞の生成、残存干渉縞の除去(Range: 3.0、Azimuth: 2.0)

 

 

 

 

 

 

地形縞(フィルタリング)

 

 

 

 

 

 

差分干渉縞

 

 

 

 

 

 

差分干渉縞(除去後)

干渉画像結果

閾値やフィルタリングパラメータなどは、テキスト通りであったが、他の受講者さんの結果例と逆のイメージとなった。その原因は残存干渉縞除去の違いかと推察。

現場について

・弘前市と五所川原市、その間を繋ぐ五能線、岩木川に沿って、地盤の沈下が見られる。川沿いに市街地および田畑が広がっており、地下水の汲み上げが影響しているためか。
・青森市の東半分および平野西部端で変動が見られる。

まとめ

・図の解釈は間違っていなければ平野部で12cmも下がっていたが、河川周辺域の変動は大きそうである
・データ判読以上に地形性質や地理要因の解釈が肝要であると分かった
・InSARの正しい理解と、データ判読の経験が必要である

 

2.東日本大震災における地殻変動

解析対象地域と使用データ

対象領域:福島県浜通り
衛星:ALOS/PALSAR
災害前画像:2011年3月3日
災害後画像:2011年4月18日

東日本大震災における地殻変動の様子

 

 

 

 

 

① 東西方向に大きな変動  →本震による変動
② ①とは異なる南北方向の変動  →余震による変動?

東日本大震災本震と余震の震央

①の変化
・本震(震央1)による地殻変動
②の変化
・2011/4/11のM7.0の余震(震央2)が対象地域である浜通りの直下で発生している。
・この震源付近で①の変化とは異なる方向の変位が生じている。

出典:https://www.eorc.jaxa.jp/earthview/2021/tp210308.html

 

4/11の余震発生地域と地殻変動

 

 

 

 

福島県いわき市の当たりに震源があったことがわかる。この辺りでは、4/11の余震でも大きな地殻変動が起きている。

3.東日本大震災のDInSARによる観測

 

 

 

 

 

 

 

差分干渉画像                    差分干渉縞を補正しなかったときのオルソ補正

 

 

 

 

 

 

参照:陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による東日本大震災の緊急観測結果(34)
https://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/img_up/jdis_pal_tohokueq_110418.htm

TOPへ